ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年09月30日 09:50
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「キャラが立っている」という言葉を近年よく耳にする。キャラクター(個性)が際立っているということだ▼来年の次期米大統領選挙の顔ぶれを見ると、まさに「キャラが立っている」人々のオンパレードだ。大統領候補になるだけの面々である。多士済々と書こうかとも思ったが、そうは書けない▼特に共和党の指名権争いでトップを走るトランプ氏の放言ぶりは、日本でも有名だ。米国ではいずれ失速するという見方が多いが、レース開始から数カ月たっても2位集団と距離を保ったままだ▼その2位集団の中にも個性派は多い。あのブッシュ一家の次男ジェブ氏や、初のラテン系大統領を目指すマルコ・ルビオ氏らだ。ただ、先頭を行くトランプ氏の背中はまだ小さい▼同時進行で行われている民主党のレースでは、勢いよく飛び出した大本命がじりじり下がり、2位以下に飲み込まれそうな展開になっている。初の女性大統領を目指すヒラリー・クリントン候補に、たたき上げのリベラリスト、バーニー・サンダース氏が迫る。74歳になったサンダース氏は、当選すれば初のユダヤ人大統領になる▼まるで競馬のよう。それもブックメーカーが過去最大の儲けになるとほくそ笑むほどの注目度だ。ラテン系、女性、ユダヤ人、茶会系…。米国の表徴が凝縮されたレースである。

2015-09-30 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません