ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年09月30日 09:50
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「キャラが立っている」という言葉を近年よく耳にする。キャラクター(個性)が際立っているということだ▼来年の次期米大統領選挙の顔ぶれを見ると、まさに「キャラが立っている」人々のオンパレードだ。大統領候補になるだけの面々である。多士済々と書こうかとも思ったが、そうは書けない▼特に共和党の指名権争いでトップを走るトランプ氏の放言ぶりは、日本でも有名だ。米国ではいずれ失速するという見方が多いが、レース開始から数カ月たっても2位集団と距離を保ったままだ▼その2位集団の中にも個性派は多い。あのブッシュ一家の次男ジェブ氏や、初のラテン系大統領を目指すマルコ・ルビオ氏らだ。ただ、先頭を行くトランプ氏の背中はまだ小さい▼同時進行で行われている民主党のレースでは、勢いよく飛び出した大本命がじりじり下がり、2位以下に飲み込まれそうな展開になっている。初の女性大統領を目指すヒラリー・クリントン候補に、たたき上げのリベラリスト、バーニー・サンダース氏が迫る。74歳になったサンダース氏は、当選すれば初のユダヤ人大統領になる▼まるで競馬のよう。それもブックメーカーが過去最大の儲けになるとほくそ笑むほどの注目度だ。ラテン系、女性、ユダヤ人、茶会系…。米国の表徴が凝縮されたレースである。

2015-09-30 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません