ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年09月16日 22:34
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
冷遇の国軍捕虜
生死確認50人追加も

 南北離散家族の一部再会が行われることになった一方、国軍捕虜の扱いに対する不満の声が上がっている。
 国軍捕虜とは、1950年に勃発した韓国戦争(朝鮮戦争)で北側の捕虜となった韓国兵で、いまだ囚われの身になっている人を指す。韓国政府は8万人以上が捕虜になったり行方不明になったりしたとしている。現在は生存者が減少し、保守系団体「国民行動本部」によると、その数は500人を超える程度にまで減っている。そのため同団体は、国軍捕虜の送還を最優先にすべきとしている。
 8日に発表された南北赤十字の合意内容によると、韓国が北に求める生死確認依頼対象者250人のうち、50人が国軍捕虜離散家族リストから追加された。韓国側の首席代表を務めた大韓赤十字社の李徳行・実行委員は、国軍捕虜などの問題に積極的に対応するための追加措置だったと強調した。韓国政府も50人の中に生存者が確認された場合、優先的に再会対象に入れるとしている。
 このタイミングで、国軍捕虜の遺族にとっては看過できない判決が下された。ソウル高裁は6日、中国から北に強制送還された国軍捕虜ハン・マンテク氏の遺族に対し、国の賠償を認めない判決を下した。
 ハン氏は2004年に脱北し、韓国に戻ろうとしていたところを中国公安に発見され、北に強制送還となった。遺族らは韓国政府が救出を怠ったとして2013年に国を相手取った損害賠償請求を起こした。1審では遺族側の主張が一部で認められ、1億ウォンの国家賠償が支払われることになった。しかし控訴審では、時効が成立して請求権がなくなったと判断され、一転して敗訴となった。

2015-09-16 3面
 
再会前の懸念
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません