ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年09月09日 07:49
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
南北離散家族 10月に再会か
赤十字実務者が協議

 南北離散家族の再会をめぐる当局者会議が7日、板門店の韓国側に位置する「平和の家」で行われた。韓国側首席代表は大韓赤十字社の李徳行実行委員(統一部統一政策協力官)で、北韓側は朝鮮赤十字社中央委員会のパク・ヨンイル中央委員だった。

板門店に向かう韓国代表団

 南北は8月末の高官級協議で、旧盆(9月27日)をめどに離散家族の再会事業を行うことで合意していた。ただ、7日の協議の結果、時期は10月にずれ込みそうだ。
 再会が行われれば、昨年2月以来となる。人数は当時と同じく南北100人規模になる見通しだ。
 韓国側は今秋の再会以外に、行事の定例化や、北に住む韓国人の家族の安否確認を求めている。生き別れになった人の名簿は現在約6万人分あるが、大半は生死確認ができていない。高齢化も懸念されている。
 再開場所は北韓の金剛山になるとみられる。北韓は同地を外貨獲得のための観光地としており、韓国側に観光事業の再開を求める可能性がある。

2015-09-09 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません