ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年08月01日 00:11
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
10月にもミサイル発射か 北、米国に揺さぶり

12年に公開された東倉里の発射台。より高性能の台が完成しているという
 北韓が労働党創建70周年にあたる10月10日前後に、長距離弾道ミサイルの発射実験を行う可能性が濃厚となった。北韓は13年1月の国連安保理決議で弾道ミサイルの発射を禁じられているが、北の張日勲・国連大使は決議を意に介していないようだ。
張大使は7月28日、同国代表部で記者会見を開き、「我々が何をしようと、我々の自由だ」と述べた。張大使は「米国の軍事的抑止や圧力には、核戦力の近代化と拡充で対応する」とも主張した。「ミサイルではなく宇宙ロケット」という弁明はもはやなかった。
発射の兆候は、韓半島北西部に位置する東倉里で確認されている。舞水端里にあった旧式の発射施設とは異なり、東倉里には最新型の発射設備がある。12年12月の「銀河3号」も東倉里から発射された。
複数の研究機関や韓国政府によると、東倉里の発射台は2013年半ばから増築工事が始まり、現在は「銀河3号」の2倍規模のロケット発射が可能になるという。
北韓にとって長距離弾道ミサイルは”命綱”といえる。28日の会見でイランと主要6カ国の核合意について触れた張大使は「我々は名実ともに核兵器国だ」と強調した。核兵器とその運搬手段があってこそ、米国との交渉が有利になるためだ。
韓国統一部は29日、「相応の対応をする準備ができている。挑発の可能性を鋭意注視している」と警戒感をあらわにしている。 

2015-08-01 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません