ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-05-19 20:22:51
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年07月15日 14:19
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「自分もいつか…」粛清恐れ
大物の脱北止まらず

 北韓で党や軍幹部の脱北が相次いでいるという。6月末から韓国メディアで報じられている。逃亡したのは十数人で、党中央委員会の副部長や軍の大将クラスが含まれているとの情報もある。ただ、国家機密を握る人物の脱北だけに、韓国政府は脱北を公にしていない。彼らが脱北したのは、粛清される恐れがあるためだが、一部は韓国に入国できていないという。高位級の脱北者は、中国や米国も情報源として身柄を確保したい存在だ。(溝口恭平)

脱北した幹部のほとんどは自分も遠からず処刑の対象になると思って脱出を決心した模様だ。中には金正恩の秘密資金を管理してきた高級幹部や、将軍もいる。何人かはすでに韓国に入っているとみられる。
韓国当局は、金正恩の執権後処刑された党・軍・政府の重要幹部は70人以上と説明する。金正日によって「摂政」の役割を任せられた張成澤をはじめ、つい最近、人民武力部長の玄永哲まで裁判なしで処刑された。それを見た幹部たちの恐怖と動揺は、金正恩体制の基盤を揺るがしていると専門家らは指摘する。
党や軍、行政府の一定以上の「幹部」たちの中で、張成澤、李英浩、玄永哲、その他粛清された労働党中央の幹部たちとつながりの全くなかった人物はいない。北の人々は身に覚えのないことでいつ拘束、処刑されるかわからない恐怖と戦っているのだ。
最近の脱出者の中には核ミサイルの開発情報に詳しい高級幹部も含まれているといわれる。労働党中央の中間幹部はすでに、韓国当局の保護を受けていると伝えられている。
軍人としては今年4月、ロシアで亡命した上将もいるそうだ。彼は大将と中将の間の三星将軍(第一線の軍団長級)で、総参謀部の核心ポストを務めた経歴が知られている。韓国統一部は9日、北韓軍将星の脱北説を否定。朝鮮中央通信も8日、「その将官は今この時刻も(スキー場建設事業を)現場で指揮している」と主張した。
仮に彼が韓国入りしているならば、北側の「対南戦争計画」の全貌を知っているはずで、金正恩にとっては計り知れない打撃になる。そういう人物が厳しい監視の目をくぐって脱出できたのは、北の監視体制が以前ほど機能していないことをうかがわせる。

監視強化で…女性が8割に

 脱北者全体に目を向けると、近年では女性の増加が目立つ。韓国統一部によると、今年1月から5月までの間に韓国に定着した脱北者のうち、8割以上(535人のうち444人)が女性だった。女性の割合は2002年に初めて半数を超え、06年には7割を突破していた。
1年あたりの脱北者全体の数をみると、近年は減少が目立つ。2014年に韓国に定着した脱北者は約1400人だが、脱北者の監視を強化している金正恩が政権を握った2011年に比べると、約半分に落ち込んだ。
女性の割合が増えたのは、男性の脱北が激減したためだ。脱北者支援団体の関係者は、定職を持つ男性よりも、市場で商売をしている女性の方が脱北しやすいと分析している。日中に街中にいても違和感が少ない上、外部の人間とコンタクトがとりやすい。中国に脱してからも家事労働など人目につかずに脱北資金を貯められる利点がある。

2015-07-15 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
在日同胞の財産を巻き上げる「誘い水」
韓日米同盟の強化を訴え
在外選挙 日本は投票者数・投票率減少
投票直前 「大逆転」はあるか
我々には見覚えのない、見知らぬ大韓民国
ブログ記事
新・浦安残日録(4)
北韓、朝総連、帰国者、在日(배나TV、日本語版)
極左勢力が青瓦台に入城!
‘保守勢力を潰滅させる’が共に民主党の党論か
洪準杓自由韓国党大統領候補のソウル江南での選挙遊説(*遊説の模範)
自由統一
ICBM開発 最終段階 大気圏再突入に成功
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません