ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > 社説
2015年04月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「国父」が残した遺産 後継世代の課題

 先日、韓国の中央日報に、リー・クアンユー首相の逸話が掲載された。朴正熙大統領に最後に会った外国首脳がリーであり、韓国の農村風景を見て感嘆したという内容だった。
リー・クアンユーは朴正熙をモデルの一人とした。「開発独裁」などと揶揄されもしたが、その政治手腕が畏敬をもって評価された点は共通していよう。
国に資源がないことでも両者は共通していた。国土も狭い。だから経済を振興させた。最初は軽工業から、そして重工業へ。国民の教育水準を高め、貿易に活路を見出した。
リーが尊敬する政治家は鄧小平と吉田茂、そして朴正熙だったといわれるが、残した遺産はその誰よりも大きいかもしれない。後発国であったシンガポールは、今や国民一人あたりのGDPではアジアトップになっている。
困難がなかったわけではない。むしろマレーシアから追放される形で、絶望に涙しながら建国に臨んだ。華人とマレー人の反目が、いつ政情不安に飛び火するかわからない不安定さもある。
「国父」リーは、国民に愛された。3月29日、雨のシンガポールは悲しみに包まれた。棺を乗せた車を見送った人波は15キロに連なった。「リー・クアン・ユー」の掛け声は途切れなかった。
くしくも今、韓国では朴正熙の娘が、シンガポールではリーの息子が国のトップになっている。国葬に臨んだ両者の胸に去来した、それぞれの父の像はどのようなものだったか。超えようと思っただろうか。その高い山を。

2015-04-01 2面
뉴스스크랩하기
社説セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません