ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-04-16 13:15:21
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「人民共和国」から「人民軍共和国」へ=編集余話 瞻星台

 4月は北に振り回された月だった。13日のミサイル発射実験、15日前後の金日成生誕100周年記念行事、23日には朝鮮人民軍最高司令部が、李明博大統領が金正恩体制を侮辱したとして「革命武力の特別行動を開始する」と威嚇する通告を行った。25日には朝鮮人民軍創立80周年記念行事と、北の軍部が大忙しのひと月だった。まさに常軌を失っている▼北はこれで「人民共和国」が「人民軍共和国」になったことを世界に知らしめた。金正日の遺訓で「米朝協議」を成功させ食糧援助まで合意したにもかかわらず、1カ月も経たずに破棄し、今回の一連の軍事行動ショー。全てが、軍部の意向とその威光を示すためのものだったのだろう。金正恩は「お飾り」で、金正恩を立てるという軍部を抑える力を実際に金正恩は持っていない。ましてや彼は年若く、重たそうに勲章をぶら下げた老軍人をコントロールできるわけもない▼6カ国協議など開いてもすぐ破棄してしまうだろう。いくら金正恩体制が外交的合意を行っても、軍部は組織の存立と既得権を守るため緊張を高めざるをえない。軍部による軍部のための政治が行われる「人民軍共和国」への転落だ。あらゆる面で優遇されている軍人と軍指導者層。韓半島には昔から武官より文官を尊ぶ思想が根についていたはずだったが、北ではきれいに消え去った。北の「人民軍共和国」がこのまま進んで暴走し、北が自暴自棄にならなければよいのだが▼軍事パレードを見ながらはしゃいでいた金正恩を見て、やはり不安感が募るは私だけではないだろう。

2012-05-03 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「パンデミック条約」反対会見開く
鄭長善・平沢市長に聞く
金永會の万葉集イヤギ 第4回
金永會の万葉集イヤギ 第5回
民団大阪で3機関長選出
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません