ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年03月02日 16:49
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
選挙の節の対北ポピュリズムなのか?
柳根一
「10.4宣言」(*盧武鉉と金正日の共同宣言)履行に関する朴槿恵委員長の演説に対して黄永哲代弁人はこのように話した。
「李明博政権の下で南北関係が梗塞して進展を見せていない部分に対して『少し新しい地平を開くべきだ』という考えだと思えば良い」、「われわれも(約束を)守るから北韓も(韓半島非核化宣言など)約束を守らなければならないという意味」、「(10.4宣言の履行が経済的な負担のため反対されたことに対して)お互いが信頼を保ち前向きな姿勢を見せることさえできれば財源の規模は重要でないと思う」
黄永哲代弁人(左写真)はまず作文をしている。彼のボスが言った話の中にはいくら読んでも「韓半島非核化宣言など約束を守らなければならない」という話に似たものはない。そういう話をするなら、なぜ本人が直接明確に言わず後から副官が肉を付けて夢判じのように脚色するのか?
「李明博政権の下で南北関係が梗塞して...」と言った件は、責任があたかも李明博政府が代表しているわが方にあるようにさえ聞こえられる。これは朴槿恵委員長陣営の一般的な観点なのか、黄代弁人個人の観点か?
「財源の規模は重要でない」って、14兆ウォンが誰かの子の名前なのか? そのお金は、盧武鉉が退任の直前に、「私が手形を振り出せば、政権が変わっても仕様がないだろう」というふうにいっぱい決めた金額だ。これを政権が変わった後、「そんなに莫大なお金の約束が果たして適正性、妥当性があるのか確かめて見よう」としたのは当然の事だった。それを朴槿恵陣営は間違ったと思うのか?
ポピュリズムはわが有権者への持て成しだと思っていたのに、何時からか北韓も「有権者+圧力団体」になったようだ。「10.4宣言」が丸で世宗市や東南圏新空港のようになったようだ。
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
デジタル全体主義へ進む文在寅政権
ブログ記事
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません