ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2010年03月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
キム・ヨナ「母は友達であり『敵』だった」
ヨナの母に見る指導者・教育者への教訓
趙甲済
  冬季オリンピックでフィギュアスケートの金メダリスト金妍児(キム・ヨナ)選手はインタビューで名言をたくさん残した。彼女は
SBSテレビとのインタビューで、お母さんの役割を質問されるとこう言った。
「友達でもあり敵でもありました!
 
金選手のお母さんは他のインタビューで「私があまりにも子供を追い詰めて性格を駄目にするのではないかと心配になって放棄しようと思った時もある」という趣旨の話もした。
 
金選手のお母さんがいつも友達の役割ばかりをやったら、娘の大成を見られなかったはずだ。娘が敵だと感じられる程苛酷に娘を管理・教育しながら愛をもって包んだおかげで今日の金妍児選手がある。これは立派な教育者や指導者の共通点だ。成功した指導者と教育者は下の人々にいつも二つの顔を持たなければならない。友人と敵、愛と厳格さ! 朴正煕や李秉喆のような人々がそうであった。そしてわれわれの父母の世代がそうだった。
 
愛すれば力が湧き、愛されれば勇気が湧く。こういう愛と勇気を動力として苛酷な訓練をさせる時、良い人物が作られる。
 
www.chogabje.com  2010-03-0911:44
뉴스스크랩하기
自由主義保守派の声セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません