ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-11-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2011年10月31日 09:40
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「江南左派」の二重生活
趙甲済
「江南左派」(*資本主義の豊かな生活をしながら親北左翼に同調する人々のこと)は体と精神が別々に動く。体は資本主義の恵沢と大韓民国の恩恵を満喫しながら精神は金正日に売る。きわめてアメリカ的な生活をしながら口では反米を叫び、自らはお金を求め
ながら、他人の蓄財を誹謗する。人権をいいながら独裁者を庇護し、親日派を糾弾しながら日本企業からお金を貰ったりもする。偽善者で、二重生活者で、精神健康に問題のある人々だ。(*写真は代表的な江南左派の曺国ソウル大学教授)
共産主義は宣伝理論と実践理論が正反対だ。民主主義を宣伝しながら全体主義を実践し、平等を宣伝しながら世襲独裁を厭わない。共産主義は必然的に人間を二重構造にする。共産主義者は(結局は)江南左派になるしかない。だが、江南左派が全部共産主義者である訳ではない。韓半島には真の共産主義者は一人もいないと見るべきだ。
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第6回 アパー...
相次ぐ「再審無罪」の目的は何か
偽投票紙は中共産
金正恩体制最後の堡塁
「韓日関係の回復を公約」
ブログ記事
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
自由統一
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません