ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年07月21日 14:27
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
なでしこジャパンを他山の石に=編集余話 瞻星台

 日本女子サッカー代表、通称「なでしこジャパン」が18日、ワールドカップで初優勝を果たした。世界の多くの人が、世界ランク1位で、体格とパワーに勝る米国が勝利すると予想していたに違いない。同じ北東アジアに住む者の1人として、なでしこの快挙に喜びと祝福の言葉を送りたい▼特に今の日本は、東日本大震災の復興に全力を傾けている。そういうときに、日本国民に与えた感動と勇気は計り知れないものだ。劣勢に耐え、チャンスを逃さない集中力と組織力は、いくら賞賛しても足りないだろう▼話は変わるが、わが韓国でも喜ばしい出来事がつい最近あった。6日深夜に決まった2018年冬季五輪の開催地に江原道の平昌が選ばれたのだ。数年がかりで政・財・官・民が一つになって取り組んできた結果といえよう。関係者はもとより、諸外国の人までが熱い祝福を送ってくれた。実に感動的だった▼ところが韓国最大野党である民主党の孫鶴圭代表が「江原道は分断道。平昌五輪が北東アジアの平和に寄与するよう、南北共同開催を真剣に検討したい」と話した。孫代表だけでなく、与党ハンナラ党の大物議員も騒ぎ出したほどだった▼常識を疑うしかない。国際オリンピック委員会の規則では、1カ国・1都市開催が原則。南北共催を考えていたなら、なぜ当初からそのような提案をしなかったのか。孫代表の、単なる人気取りのための思いつきなのか。北韓との特殊なルートを通じた働きかけによるものなのか。真相を知りたいものだ。爽やかななでしこジャパンを少しは見習ったらどうか。

2011-07-21 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
統率力求める在日同胞
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません