ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年03月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
開かれた心で=編集余話 瞻星台

 今回の地震と津波の被害を蒙った罹災者は援助品の支給の折、まず「ありがとうございます」と感謝の言葉が先に出る。不満を述べず黙々と列に並び整然と受け取っている。互いに助け合う姿に感動を覚える。一般民衆の非常時での処し方に感服する。外から見ればその姿に驚愕するのである
▼一方、役人は「この毛布は規格に20センチほど合わないので」と受け入れに難色を示したと信じられないできごとが報じられていた。毛布は数万枚。東南アジアの国からの善意だった。すったもんだの末、ようやく日本に届けられたという。電気が通っている東京でさえ寒い夜。多くの避難所で人々は寒さに震え、暖を取ろうと必死で眠れない夜を過ごしているのに、こんなやり取りがなされていた
▼被災者支援の場面では、「動物検疫を受けていない」という理由で空港を通ってやってきた外国の介助犬が介助を謝絶されるという例があり、フランスの医師団が「日本の医師免許がないから」という理由で被災者の診察を謝絶された
▼韓国食品大手の飲料水やインスタント食品は「安全を確認できないのでお断りします。あとで下さい」と門前払いされた。ところが水やラーメンの買いだめ現象が起きると一転OKになった。フランスの医師団の場合は話す言語のカベがあったのだろう。だが、その場でことに当たってみれば解決されたはずの問題である
▼非常時に互いに助け合う民衆の姿の一方で役人の頑なと思える対応ぶり。危機にあって原則を知り、罹災者の救助や食糧の支援など生命を優先する融通性が大事でないだろうか。

2011-03-30 1面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報  
この記者の他のニュースを見る
オピニオンセクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません