ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年03月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
マスコミの事実報道とは??=編集余話 瞻星台

 11日に発生した東日本大震災。建物の倒壊や津波、火災により被災された方々に心よりお見舞い申し上げたい。津波は家も車も人間の命もあっという間に押し流し、被災者は数万名に至ると言われている
▼そこに福島原発の事故が重なった。メディアは公式発表の後追い。その公式発表も、希望的観測に立って冷静な行動を呼びかけるだけで、想定を上回る被害が広がっている可能性は否定できない
▼1号機の爆発は、公式発表では水素爆発。爆発によって発生した水蒸気には放射能が含まれているはずだ。今はメルトダウンの定義や軽重を議論するより、構造物が破損し、気体が漏れ続けている事実が重要だ
▼放射能を含む圧力容器材の損傷物が、爆発ガスとともに大気中に飛散した恐れもある。一部の新聞は「原子炉建屋から放射性物質が漏れた可能性がある」と報じている。放射線ではなく、放射能物質そのものだ。実情はどうなのか。機動力と人員を持つ大手メディアは“大本営発表"を流すだけでなく、実情を調べて報道してもらいたい
▼最優先されるべきは現地の方々の安全と迅速な避難だ。簡易な測定器の数値のみ公表し、安全だと言っている政府と大手メディアは、チェルノブイリの教訓を生かしていないのではないか
▼天災は完全に防げない。であればせめて人災を最小限に食いとどめる策を政府に期待したい。現地の方々は、飢えや渇き、寒さ、余震と放射能の恐怖、それらにともなう過度のストレスと戦っている。正確な情報こそ不安を和らげ、混乱を防ぐ最良の手段だと思うのだが…。

2011-03-16 1面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報  
この記者の他のニュースを見る
オピニオンセクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません