ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-09 12:52:34
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年05月26日 09:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(32) 金鶴泳

 こうして「金」という名で受験し、大学に入ったのだが、自分の名を呼ばれ、窓口に書類を受けとりに行ったとき、祥一は、これからずっと「金」と呼ばれることに対する違和感から、自分の通名は「森本」なので、これからもその名を使いたい旨、係員に申し出た。すると、五十年配の係員は、ガラガラ声で、
「ときどきそういう人がいるんですがねえ、これがどうも紛らわしいんですなあ。学籍簿の方は本名になっていますんでねえ、ややこしいから本名で通してくれませんか」
 高校の担任の先生の場合とは対照的に、係員の口調はあっけらかんとしていた。どうして本名を使うのをいやがるのかなあ、といった調子さえその声には感じられた。
 <違和感というより、朝鮮人と見られることへの抵抗感だったな>焼鳥の匂いの中で、盃を口に運びながら祥一はそのときの自分を振り返る
<あのときから俺は、森本という半日本人から、否応なく金という名の朝鮮人にさせられた……>
 じっさい、祥一は、入学直後のあの日を思い返すとき、あの日から、「金」という名の朝鮮人になったというより、させられた、という意識の方が強い。当惑した心に、春の陽光の中で照り映えている銀杏(いちょう)の木の若緑が、変にまぶしく映ったのを憶(おぼ)えている。あの日から、自分の中で何かが変わり、何かがはじまった……。
 とにかく、あのときから、自分は通名でなく、本名を名乗るようになった。朝鮮語も喋れない、パンチョッパリ(半日本人)もいいところの自分が、れっきとした朝鮮人であるかのように、朝鮮名を名乗ることになった。


 では、自分よりはるかにれっきとした朝鮮人であり、民族主義者である父は、なぜ「森本」という姓を棄てないのだろう-そんな疑問がふと祥一の胸をかすめる-強い民族意識を持っているにもかかわらず、そして日本人と恋愛関係になったというだけで、娘の髪を切るほどに反日感情を抱いているにもかかわらず、なぜ日本名を平気で使っているのだろう。日本人を相手に商売している以上、父なりにやむをえない事情があるのかも知れない。しかし、そういうからには、妹純子にも、純子なりの事情があるといわねばならない。
 その後、杳(よう)として行方の知れない純子の消息が、やはり祥一には気がかりだった。川瀬と一緒に、どこで暮らしているのか。これから先どうするつもりなのか。せっかく就職したスーパーマーケットの職を棒に振って、川瀬はいま何をしているのか。
 貯金が残っているうちはまだいい。それが尽きたら、どうやって生活して行く気なのか。身許不明の人間を雇ってくれるような、まともな働き場所があるとも思えない。追い詰められて、気持が崩れて、転落の道に陥って行きはしないか、それが祥一には心配だった。無口でおとなしいながら、芯の強いところがあるらしい純子だけれども、人間、追い詰められたら、何を考え出すかわからない。せめて自分のところだけにでも、居場所を知らせてくれてよさそうなものだが……。
 店の前の、路地と狭い空地を隔てたすぐ先は、駅のホームの白い柵になっている。柵の向こうに電車が発着するたびに、微かな地響きが椅子の下から伝わってくる。
 カウンターの向かい側に坐っている客のあいだがら、ひとしきり笑い声が起こった。いずれも半袖シャツに、きちんとネクタイを締めている。会社の同僚同士なのだろう。
「お父さんの造った酒はうまかったかい」
 冷やっこをつまんでいた伊吹が、話を密造酒の件に戻した。

1984年8月2日4面掲載

1984-08-02 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第15回
金永會の万葉集イヤギ 第16回
金永會の万葉集イヤギ 第17回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
韓商新会長に柳和明氏
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません