ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年04月05日 09:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(27) 金鶴泳

「どうして生きているのがやりきれないのかい」
 祥一は伊吹にいった。伊吹は祥一にちらっと視線を向け、正面の食器棚に顔を戻し、笑みを消して答えた。
「いろいろなことのためにさ」
「いろいろなことって……」
 伊吹が変わった人間、というより、異様な人聞になっている原因がその辺にあるような気がして、祥一は重ねてきいた。しかし伊吹は答えず、
「じゃあ金さんの場合はどうしてやりきれないんだい」
 と、逆にきいてきだ。祥一は返答に窮した。何となく、としかいいようがないし、そんな気持にとらわれるようになった経緯をいちいち説明し出したら、切りがない気がして、
「別に、理由はないよ。ただ何となく、そういう気持になっているということだ」
 祥一は曖昧(あいまい)に答えた。
「理由がないはずはない」
 伊吹はジョッキを口にあて、ひと口飲んでから、また祥一に視線を向けた。
「たしかにその通りだ。しかし、理由について説明するとなると、簡単には言葉にならない」

「俺だって同じだよ。人間というものは、説明では片が付かない。説明だとか、理屈だとか、そんなものを並べて人間や社会がわかったような面(つら)をさらしている奴を見ると、反吐(へど)が出る気がするね」
 強い口調だった。その点は、祥一も同感だった。わかるとは、わからないということがわかることではないのか、自分自身さえわからない人間が、どうして他のことがわかりえるだろう-カウンターの中でシチューを作っているコックに目をやりながら、祥一は思う。
 その点は異存はないが-と彼は伊吹に関心を戻し-サー口インステーキを頬張る人間が、人生がやりきれないなんていうのは、どうもわからないねえ、ステーキの精力で、やりきれなさなんか吹き飛んでしまうんじゃないか、祥一は自分の中でそう呟(つぶや)いて苦笑をおぼえた。
「ところで、いま何を読んでいる」
 祥一は煙草を取り出し、火をつけた。
「『白痴』」
 と、伊吹はまたジョッキを口にあてた。
「相変わらずドストエフスキーばっかりか」
「そのうちにドストエフスキー論を書こうと思っているんでね」
「どこかに発表するのかい」
 祥一は、伊吹が何かの同人雑誌にでも関係しているのかと思った。
「発表するつもりはない。ただ、俺なりにドストエフスキーを整理してみたいと思っているんだ」
 伊吹はそういってから、
「金さんは、『白痴』は読んだ?」
「まだだ」
「ぜひ読んでごらんなさい。ムイシュキン公爵は、じつに魅力ある人物ですよ。あの無垢(むく)さ、純粋さ。ああいう人物を、情欲の強いドストエフスキーがどうして創造しえたんだか」
 そして、こんどは呟くような口調で、
「美は世界を救う」
「え?」
「いや、ムイシュキン公爵の言葉。まったくこの世の中、じつに下らないけど、それでも生きている値打ちがあるのは、美があるからだ。そう思いませんか」
 伊吹の言葉に、祥一も異論はなかった。
「同感だね」
 祥一はいった。

1984年7月26日4面掲載

1984-07-26 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません