ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > 主張 > 社説
2022年04月19日 10:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 文在寅大統領の任期も、残すところ1カ月を切った。すでに話題は新大統領となる尹錫悦氏の政策や手腕に移っているが、執務室を去るその日まで、大韓民国の大統領は文氏である▼文大統領の功罪のうち、最大の”罪”の一つに挙げられるのが韓国の憲法精神と法治システムを徹底的に破壊してきたことだ。その締めくくりともいえるのが、「検察改革」である▼ご存知のとおり、尹次期大統領は元検察総長であり、文政権の「検察改革」が始まった当時その職にあった。そして大統領就任目前に与党から国会に提出されたのが、検察の捜査権をはく奪する法案である▼既存の検察庁法は、検察が「6大犯罪」の捜査権を持つと定義している。「6大犯罪」とは、不正・経済・公職者・選挙・防衛事業犯罪・大規模惨事であるが、その条項が改正案では削除されているのだ▼これに対して現職の検察総長は辞表を提出。大検察庁も「明確な憲法違反である」と指摘している。だが、与党は月内に同法案を国会で成立させるとの立場だ▼文政権下で発足した組織に高位公職者犯罪捜査処(公捜処)がある。政府高官らの不正を捜査する組織との位置づけだが、公捜処職員への捜査権は検察に認められるという▼法治の正常化こそ、尹政権が最初に着手すべき課題である。しかし議会は「共に民主党」が過半数を占める。簡単にことは進まないだろう。現政権が自分たちへの追及の手を断ち切るべく作られたのが公捜処だ。「検察改革」も与党の保身に使われるのは明白だ。

2022-04-20 0面
뉴스스크랩하기
社説セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません