ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-01-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2021年03月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
チャンマダン閉鎖を命令
憤怒は恐怖を超える

 党大会で「人民の中心」を強調した金正恩がチャンマダン(私的市場)の完全閉鎖を命令した。金正恩は今年1月の党大会で「国営商業を発展させ、給養(食堂)、便宜奉仕(美容、サウナ、各種修理店、手工業など)の社会主義の性格を復旧するのが今の時期は非常に切実な問題であると想定した」と非社会主義との闘争を宣言した。個人の食糧取引を禁止、国家食糧販売所を作るという。
チャンマダンは、金正日が2002年「7・1経済管理改善措置」で公式化し、北韓経済はチャンマダンと中朝貿易で回ってきた。公式職場の給料は生活費の1%にも満たず、事実上全住民が商人で、北のGDPの50%を占めると言われる。
チャンマダン閉鎖は、住民間の情報の流入を遮断する意図も大きい。食料の取引だけでなく、個人の理髪店、美容院、家庭教師なども禁じられるという。
北韓住民の憤怒はすでに恐怖を超え、暴圧機関を恐れない。チャンマダン完全閉鎖は、住民の命綱を断つ措置だ。平壌で3日から第1回市郡党秘書大会が開催されたが、金正恩の今回の暴挙は、自殺行為となる。

2021-03-10 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
【投稿】常識の通じない困った人たち
朴槿恵大統領 赦免・釈放
各地で地方協議会開催
3代世襲・金正恩政権の10年
世界に広がるハングルブーム TOPI...
ブログ記事
黒柳徹子
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
自由統一
ポスト金正恩 平壌の権力闘争
金正恩体制、突然の崩壊も
3代世襲・金正恩政権の10年
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません