ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-30 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2020年06月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米国が北韓人など33人を起訴
マネーロンダリングに関与か

 金正恩が核ミサイルの大量生産と配備を指示した後、米戦略国際問題研究所(CSIS)は5月27日、北側が平山のウラン濃縮工場を稼働させていると発表した。これと関連して、米国当局が対北圧迫を全方位的に一層強化している。
米法務部は5月28日(現地時間)、米当局が金融制裁法違反などで「朝鮮貿易銀行」と関連偽装会社の従業員など33人(朝鮮貿易銀行長など北韓人28人、中国人5人)を去る2月5日、連邦大陪審に起訴した事実を公開した。
起訴状によれば、33人は大量破壊兵器の生産を支援するため、250以上の偽装会社を通じ、少なくとも25億ドルのマネーロンダリングに関与した。米国当局は、彼らの行動を2013年から追跡し、すでに6500万ドルを押収、この資金の没収を進めている。
米国の今回の措置は、中国・ロシアはもちろん、世界各国の銀行が北韓側との取引を回避するようにし、対北支援の拡大を推進中の文在寅政権への抑止も狙ったものと言える。
一方、米国家安保局(NSA)傘下のサイバー安保部は5月27日、米国の敵国(中国、ロシア、イラン、北韓など)の力量の把握に注力していると発表した。平壌側がこの発表に反発するや、国務省の代弁人室は5月29日、北韓のサイバー脅威に対する警戒をもう一度強調した。

2020-06-03 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
金大中・三男の目に余る「積弊」
文政権のレームダック化 顕著に
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません