ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2020年04月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正恩、核兵器を拡散か
米国が可能性を警戒

 米国務省が15日、国土安保部と財務部、連邦捜査局と共に北韓のサイバーテロに対する注意報を発令したのに続き、北の持続的核開発については17日に「認められない脅威」と述べ、北側が非核化交渉に復帰することを促した。国務省スポークスマン室はVOAへのEメール論評で、「北韓が持続的に不法な核兵器と弾道ミサイルを開発し、兵器拡散活動を行うのは、国際社会において容認できない脅威になる」と述べた。
国務省は北韓の核とサイバー活動を警戒し、北側が精巧で多様な悪性のソフトウェアを開発、全世界に攻撃すると憂慮した。
国務省の一連の措置は、いわゆる太陽節(4月15日)に金正恩が祖父と父のミイラの参拝に行かなかったことで、健康異常が推測される中、「唯一独裁体制」の維持に必要な資金が枯渇した金正恩がサイバー攻撃と核兵器を拡散させる可能性を警戒しているものと見られる。
一方、トランプ大統領は18日(現地時間)、金正恩からの親書を受けたと言ったが、平壌の外務省側は19日、トランプ大統領に親書を送っていないと発表した。

2020-04-22 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません