ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2020年02月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
国家機能が麻痺 ウイルス被害に直面 金正恩体制

 金正恩は、僅かしか残っていない秘密資金を注ぎこんで外国人のための観光団地を建設したが、中国「武漢肺炎ウイルス事態」で惨憺たる状況に直面した。国際社会の対北制裁に続き、COVID―19が金正恩体制の崩壊を促している。特に韓国における武漢肺炎ウイルスの猖獗は、文在寅に対し金剛山観光再開を促してきた金正恩としては絶望的だ。
平壌側は公式には、中国武漢肺炎患者が発生していないと主張する。だが、北韓住民の3分の1以上が、さまざまな感染症の患者だ。防疫体制が機能していない北側が、中国はもちろん、韓国まで麻痺させているCOVID―19を極度に恐れるのは当然だ。
労働新聞は21日、武漢肺炎ウイルスにかからないようマスクを着用せよとの最高司令官の命令を報道した。マスクを着用しない者は軍事裁判にかけると22日発表された。
北側は、平壌駐在の外交官など外国人380人を隔離したと発表した。平安北道が監視、観測する住民が3000人という。羅津先鋒地域では、自宅隔離の指示を受けた労働党幹部が銭湯に行ったのが発覚して、銃殺された。
北のすべての小中高校は冬休みが終わったのに、感染の拡散を防ぐため休みを3月20日まで1カ月間延長した。冬休み中に平壌から地方に行った大学生は、平壌への帰還が禁止されている。
輸入物資は10日間、荷下ろしをせず、徹底消毒するよう検閲と消毒を強化している。平壌の玉流館も防疫消毒をした。当局は住民に民間療法で免疫力を高めるよう奨めている。咸鏡北道では今月、病死した人を労働党が火葬してから遺骨を家族に渡したという。

2020-02-27 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません