ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2020年01月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
海を渡った先人達<31> 先人7人目 雄略天皇③

 『…そんなある日、道琳は王に献言した。王は、道琳の献言に従って、宮室や城郭を修理し、楼閣を造り、王墓を作り直し、河を工事した。その結果、倉の中は空っぽになった。人民は困窮し、兵士たちは戦う気力もなくなり、国はついに不安に陥ってしまった。
これを見た道琳は、高句麗に急いで逃げ帰ると、長寿王に百済の有様を告げた。王は大いに喜んで、すぐに攻め込むことにした。百済王は、高句麗が攻めて来ることを聞くと、太子の文周に言った。<私は愚かだった。みだらな人の言うことを信用してしまった。民は国から逃げ出し、兵も弱い。有事になったら、誰が進んで私たちと戦ってくれるだろうか。おまえは、血統が続いている国に避難しなさい>―そこで文周は、木刕満至らと南に行った』

 この説話の最後の部分に『おまえは、血統が続いている国に避難しなさい』とありますが、血統が続いている国とは、倭国のことです。
このように、高句麗に騙されて百済を滅亡同然にしてしまった蓋鹵王は、雄略天皇と関連があるのでしょうか。謎の倭王、珍・済・興・武の解明と合わせて、考察を更に進めたいと思います。

 百済王・腆支が420年に太子の久尓辛に王位を譲り、倭王・讃になったことは、【履中天皇】の箇所ですでに述べました。その後、久尓辛(在位420~427年)が死去すると、毗有(在位427~455年)が王位に就いています。この毗有は、百済本紀によると、『久尓辛の長子、あるいは、腆支の庶子と云うが、どちらなのか、未だにわからない』とあります。
応神天皇二十五年(414年)の、『百済の直支王(腆支)が崩じた。其の子の久尓辛が王となった。王は年が若かったので、木満至が国政を執った』との記述の中に、久尓辛は年が若かったとあります。15歳前後に即位したと仮定し、即位後に毗有が生まれたとしたら、毗有は、1~7歳で王位に就いたことになります。

 毗有王については、『美姿貌、有口辯、人所推重』<姿・容貌が美しく、弁が立ったので、人は力を入れて推挙した>との記述から、7歳くらいの少年をイメージするのは困難です。20~30歳くらいの青年の姿と見るのが妥当ではないでしょうか。
この人物像に当てはまりそうな人が、日本書紀に登場しています。反正天皇です。反正天皇(在位406~410年)の名は、「多遅比端歯別」といい、履中天皇の同母弟で、淡路島で生まれたとされています。

「多遅比端歯別」の意味は、
多遅=〈いたどり〉という花の名前。
比=~よりも。~に比べて。
端=先端。みずみずしい。つやがあって若々しい。
歯=動物の口の中に並ぶ白く固いもの。利口。
別=別の。計画する。たくらむ。

 これらの意味から勘案すると、<多遅の花のように美しく、若く利口な、計略する人>となりそうです。
多遅比端歯別の名には、毗有王の「比」という字があり、<美しく、若く利口>は、毗有王の「姿・容貌が美しく、弁が立つ」に重なります。すると、多遅比端歯別(反正天皇)は、百済の腆支(履中天皇)が倭国で人質として過ごしていた397~405年の間に、腆支の子として淡路島で生まれ、22~29歳の時に百済に行き、427年に百済王に即位した、と推定することができそうです。

2020-01-16 6面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません