ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
近づく金正恩体制の終末
韓国への強硬姿勢を堅持するしかすべなし

党中央委員になった玄松月と金正恩
 金正恩がハノイ会談後、自分の失態をまた部下に転嫁した。党組織指導部が統一戦線部と外務省を検閲したと伝えられる。当然のことだ。金英哲、金革哲、金聖恵、李善権などの失脚、粛清が伝えられてきた。
もっとも、粛清された人々は、自らの運命を覚悟していたはずだ。朝鮮日報の報道後、北側は金英哲の公演観覧写真を出したが、公演より重要な行事にはなぜ姿が見えなかったか。
金英哲は1966年、労働党に対南秘書制ができてから8人目の対南秘書。彼の前任者7人も粛清が普通だ。彼は2009年、金正恩のための人事で抜擢された。10年も身分を維持できたのだから大変な長寿だ。
金正恩の恐怖統治で、常識的な党幹部たちならできるだけ静かに過ごしたいはずだ。統戦部は「情勢判断を誤った過誤」のため集中検閲を受けている。しばらくは機能するのは難しいとみられる。
金正恩は対南ラインを整備する時間を稼ぐためにも南韓に対する「強硬姿勢」を堅持するしかない。
この状況で文在寅の統一部が、労働新聞は客観的な情報を発信するから遮断を解除するという。右派のYouTubeは弾圧しながら、北の宣伝は手伝う。

2019-06-05 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません