ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2019年05月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北側が弾道ミサイル発射
最後の賭けに出た金正恩

 米・朝ハノイ会談決裂2カ月で、金正恩が5月4日と9日、短距離弾道ミサイルを発射した。「米国との長期戦」と「自力更生」を豪語した金正恩は、自ら対話期限として設定した今年末を待たず挑発した。国連安保理の決議違反だ。
北側は、核保有国の地位を認められるよう粘り強く努力したが、国際社会の対北制裁、特に海上遮断が強化され、これ以上耐えられない限界に達したのだ。
金正恩は海上封鎖に変わる対北制裁を、中国とロシアの力で打開しようとしたが、中国とロシアが北を助けられないことが明らかになるや、文在寅政権を人質に、米国との対決を選んだ。北側は文政権に開城工団再開など南北協力事業の即時施行を要求している。
金正恩の対応の兆候は、すでにハノイ会談前に現れた。今年の1月、北京での北側の芸術団公演は社会主義固守の宣言だった。金正恩は、イランなど反米国家やテロ勢力と共同で対抗すれば、米国が交渉に出てくると計算したようだ。
だが、米国は焦る北側の作戦に乗らず、時間を稼ぎ戦略的絞殺を進めている。ポンペイオ長官は11日、実質的な非核化なしに譲歩することはないと明言、北側の要求を一蹴した。
ただ、今回の短距離弾道ミサイルは、韓国には致命な脅威だ。独特な偏心飛行のため、迎撃が極めて困難なのだ。韓国全域を射程に入れ根本的な対策が必要となった。先制攻撃だけが有効だ。

2019-05-15 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません