ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2018年09月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「板門店宣言」英文版を変更
韓国語原文に相違した青瓦台発行文書

 今月6日(ニューヨーク時間)、南北が各国連加盟国に配布した板門店宣言の英文翻訳版が変更された。板門店宣言は「今年、終戦宣言に向けて南北米三者、または南北米中の四者会談を積極的に推進する」という内容だったが、突然「今年終戦宣言をすることで合意した」と変更して提出された。
(ソウル=李民晧)

6月発行された政府発刊英文版。”年内終戦宣言を「推進」する”と翻訳している
 争点は表現の変化だ。4月27日の南北頂上会談終了後、青瓦台が配布した板門店宣言英文版は韓国語の原本と同様、今年終戦宣言に向けて三者もしくは四者会談を「積極推進することで合意した(agreed to actively pursue)」となっている。 
今年6月、青瓦台が発行した南北頂上会談結果集(The Journey Toward Peace―Results of the 2018 Inter―Korean Summits)28ページに記載された板門店宣言英文版原文にも、そのように明記されている。
北韓が発表した翻訳版とは異なる。北韓の朝鮮中央通信は、英文版で「北南は今年、終戦宣言をすることで合意した(The north and the south agreed to declare the end of war this year)」と報じた。
今回、国連に対して政府と北韓が共同で提出した板門店宣言の英文翻訳版3条3項は「(南北)両側は今年、終戦宣言をすることで合意した(agreed to declare the end of war this year)」となっている。北韓の既存の英文版とほとんど一致しているのだ。
外交部は12日、板門店宣言英文版の推進時点に対し「文書の回覧は、南北頂上会談(4月27日)に対する国連レベルの後続措置として、南北両側間合意のもとに推進された。(南北)両側は、国連総会及び安保理の公式文書として回覧してもらうよう国連事務局に要請した」と明らかにした。
同日夕方、外交部は「以前掲載された板門店宣言英文翻訳版は非公式の翻訳版」との見解を示した。
しかし、オン・オフライン発行資料集として青瓦台が対外的に発行した記録を、3カ月も経過した時点で「非公式」としたのには疑念が残る。
特に、「推進」から「合意」へと変更された点だ。二つの言葉の意味が異なることは、誰が見ても明白なはずだ。
また別の問題としては、「政府が米国、日本などに伝えた板門店宣言文と、国連に提出した内容が相違している」(ワシントン消息筋)という点がある。

2018-09-20 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません