ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-09-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2018年02月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸

 国際社会の対北制裁措置が強化される中、北側が依然と中東など紛争地域へミサイルなど武器や軍事技術の密輸を続けていることが確認された。北側の武器密輸を遮断するためにも海上封鎖が必要な状況だ。
「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」放送は17日、国連安全保障理事会のイエメン制裁委員会の専門家パネルが今年1月26日(現地時間)に提出した報告書を引用して、内戦中のイエメンで、フーシ反軍側がサウジアラビアを攻撃した地対地ミサイルは北韓製ミサイル技術が使われた可能性が高いと報じた。
つまり、フーシ反軍が昨年の7月26日、イエメン政府軍を支援するサウジアラビアのタイプ市に向けて発射した地対地ミサイルの液体燃料推進体を収去して分析した結果、この二元推進ロケットが、ロケットの本体を分離して燃料タンクと酸化剤タンクを追加する改良が行われたことが確認されたという。そして、その改良作業は、北韓の「火星7型」と「火星9型」の弾道ミサイルを改良したときの技術と指摘した。
VOAは、「報告書によると、フーシ反軍は二元推進ロケットのほか、弾頭重量も減らして最大射程を600キロから668キロまで伸ばした」と伝えた。
また、現地のメディアが、「フーシ反軍が2015年、サウジアラビアの軍事基地に向かって発射した20発のミサイルも北韓製『スカッドC』か『火星6型』と報道」したことも紹介した。
イエメンの内戦は、イスラム連合軍とイランが支援するフーシ反軍間の戦争だ。イランはフーシ反軍に弾道ミサイルなどを提供している。イランのミサイル技術は北韓が提供・協力してきたものだ。フーシ反軍は2017年12月、韓国がUAEに建設中の原発に向かって巡航ミサイルを発射したと主張した。
一方、国連安全保障理事会のイエメン制裁委専門家パネルは、2017年初めに出した報告書では、「イエメンフィフティ反軍が北韓製『73式機関銃』を運用している」と指摘した。
フーシ反軍が使用するこの「73式機関銃」はイランから提供されたものだが、具体的な経路は不明で、海賊が多いイエメン西部のアデン湾一帯でも、この北韓製「73式機関銃」が多く使用されているという。
核兵器や化学兵器を搭載できる、北韓製の弾道ミサイルまでが「イスラム法で世界を統治すべき」と主張する狂信的集団に大量に流入している事実は深刻な事態だ。
米下院の外交委員会は、北韓がテロ支援国から解除される過程をもっと厳しく規制するする「輸出統制改革法案」を2月15日、与野党共同で発議した。

2018-02-21 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
南北連邦制の年内実現を急ぐ文在寅政権
ヨンジョンの 毎日眞味<9> 秋刀魚...
「文在寅は共産主義者」に無罪
朝鮮学校の生徒たちよ、自由を放棄するな!
ヨンジョンの 毎日眞味<8> かぼち...
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません