ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年12月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北漁船の漂着相次ぐ
国連制裁の影響か

 北韓の漁船が日本沿岸に相次いで漂着している。11月15日には大和堆、23日には秋田県由利本荘市、25~26日には新潟県佐渡市、また26日には青森県深浦町、27日には石川県珠洲市で漂着した船が見つかった。23日の秋田県由利本荘市で見つかった船には男性8人がいたが、翌日の同県男鹿市では漂流した船から8人の遺体が発見された。
専門家は、北の船がこれほど多く見つかる原因を国際的制裁による食料不足と分析する。板門店から帰順した北韓の兵士の栄養状態からも、食料不足は生々しく証明された。
板門店警備隊の兵士まで食料不足なら、一般住民は言うまでもないと指摘する。金日成時代からの慢性的な食料不足のため、餓死を免れた住民でも十分に成長できず身体が小さい。
北側は、今の時期を「冬季漁獲戦闘」といい、漁業での成果を挙げるよう督励する。だが、漁に出る船は木造船が多く、しかも老朽化したため、命をかけて海にでる悲惨な状況だ。
季節的に波が高くなれば、木造船はさらに危険だが、特に最近、北の沿岸での漁業は手数料と引き換えに中国漁船に許可したため、北の船は遠い海まで出ざるを得ないと伝えられる。
日本近海での北の船とみられる漂着・漂流は今年50件ほどとみられるが、11月だけでもすでに2桁を超えていたという。

2017-12-01 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません