ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年10月03日 22:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
懲りない対北支援

 韓国政府が北韓に対して行った9億3200万ドルの借款が、返済されないままになっていることが明らかになった。自由韓国党の沈在哲議員が、国会予算政策処から「南北協力基金と対北借款問題の把握」という資料を受け取り、分析した結果だ。


沈議員によると、韓国政府は金大中政権時代に3億2700万ドル、盧武鉉政権時代に6億500万ドルの計9億3200万ドルを支援したが、一銭も返済されていないことが分かった。


韓国ウォンで1兆ウォンに達する巨額の借款は、6年前から返済が始まるはずだった。しかしこれまでのところ、北韓の現金償還額はゼロ。2007年から08年にかけて、亜鉛などの現物240万ドル相当が返ってきただけだ。今年7月末の時点で、延滞金は1614億ウォンに達している。


対北借款は2000年、金大中政権が南北交流・協力推進のため「南北間の食糧借款提供に関する合意書」を締結したことで始まったが、李明博政権に入って中止された。当時は、北韓軍人が金剛山を観光で訪れていた韓国人の朴王子さんを射殺する事件があり、南北関係が急激に冷え込んだ時期だった。


最近、文在寅政権が800万ドルの対北支援を決めたばかりだが、「なぜ今なのか」という批判にさらされることとなった。韓国国民の税金から出された対北借款が、たとえ「人道」目的であっても、実際には北韓政権の維持に利用されるということを再確認させる事例だ。


韓国政府は、借款管理業務を担当している韓国輸出入銀行を通じて、北韓に償還期日の案内を送り、四半期ごとに延滞金の返済を督促してきたという。しかし、答えが返ってくるどころか無視されているというのが、政府関係者の説明だ。


時期から見て、北韓への借款が、核・ミサイル開発に転用された可能性は排除できない。一方、文在寅政権は最近、来年度の南北協力基金として1兆462億ウォンを策定。そのうち「人道的次元」名目の無償支援事業費として2480億ウォンが計上されている。
(ソウル=李民晧)

2017-10-04 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません