ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年07月12日 17:01
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
それでもTHAAD完全展開に踏み込まず

 北韓は4日、平安北道亀城市付近から東海(日本海)に向け、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行い成功した。ミサイルが正常に発射されれば米本土に届く。だが、文在寅政権はTHAAD完全展開の意志を示していない。

 北側の発表によると、ICBMは高度2802キロまで上昇し、水平方向に933キロ飛び、飛行時間は39分間。専門家は、ミサイルはアラスカやハワイを越えて、米本土に到達すると指摘している。
米国のニッキー・ヘイリー国連大使は5日の安全保障理事会の緊急会合で「我々の能力の一つには相当規模の軍事力がある。やむを得なければ、それを使う」と述べた。米軍は8日、B1B戦略爆撃機2機をグアムから江原道に飛ばし、北韓内目標攻撃を想定した精密爆撃訓練を行った。
北のICBMの開発は、かねてから米国のレッドライン(超えてはならない一線)とされてきた。これは今年1月、金正恩が発表した「ICBMの発射実験が最終段階に達した」との新年辞に対し、「そうはさせない」と、トランプ大統領がツイッターでつぶやいたことが元となっている。
レッドラインを超えれば、軍事オプションもありうる。この米国のスタンスが実行に移されるなら、韓半島の緊張感は一気に高まる恐れがあった。
一方、米国防総省は、軍事オプションの行使には後ろ向きだ。国防総省のデービス報道部長は5日、ICBMの大気圏再突入の技術は実証されておらず、米国への脅威は限定的だと述べた。
マティス米国防長官は6日、北のミサイル技術が向上しているとの認識を示した上で、対北先制攻撃は「自制していく」と述べた。ヘイリー国連大使も、軍事オプションに言及した後に「その方向に進みたくはない」と付言しており、米国には慎重論もある。

2017-07-12 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
国家機能が麻痺 ウイルス被害に直面 ...
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません