ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年06月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演

 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会と北朝鮮難民救援基金は24日、都内に龍谷大学の李相哲教授を招き、講演会を行った。講演のテーマは「金正恩暴走の原因とその行末」。李教授は朝鮮族で、北韓の3代世襲体制に関する著作を日本で多数著している。
李教授は、北韓が国連制裁を回避するさまざまな手段を持っていると指摘。現在の制裁だけでは核・ミサイルの放棄はできないと主張した。
制裁の代替手段に対しては、金正恩個人を狙い、人道に対する罪などを糾弾することが効果的だという。司法で追い詰めていくことが重要などと述べた。

2017-06-28 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません