ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年06月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演

 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会と北朝鮮難民救援基金は24日、都内に龍谷大学の李相哲教授を招き、講演会を行った。講演のテーマは「金正恩暴走の原因とその行末」。李教授は朝鮮族で、北韓の3代世襲体制に関する著作を日本で多数著している。
李教授は、北韓が国連制裁を回避するさまざまな手段を持っていると指摘。現在の制裁だけでは核・ミサイルの放棄はできないと主張した。
制裁の代替手段に対しては、金正恩個人を狙い、人道に対する罪などを糾弾することが効果的だという。司法で追い詰めていくことが重要などと述べた。

2017-06-28 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
金大中・三男の目に余る「積弊」
文政権のレームダック化 顕著に
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません