ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-05-16 07:23:53
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年06月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演

 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会と北朝鮮難民救援基金は24日、都内に龍谷大学の李相哲教授を招き、講演会を行った。講演のテーマは「金正恩暴走の原因とその行末」。李教授は朝鮮族で、北韓の3代世襲体制に関する著作を日本で多数著している。
李教授は、北韓が国連制裁を回避するさまざまな手段を持っていると指摘。現在の制裁だけでは核・ミサイルの放棄はできないと主張した。
制裁の代替手段に対しては、金正恩個人を狙い、人道に対する罪などを糾弾することが効果的だという。司法で追い詰めていくことが重要などと述べた。

2017-06-28 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「日韓クロッシング」の韓国太極旗集会...
虐殺者の金正恩を道連れと呼んだ文在寅
金正恩体制でのCVIDは不可能
「板門店宣言」は自由民主国家の自殺
「韓国フェスティバルin名古屋」先月...
ブログ記事
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
“良識が麻痺した韓国人に正気を取り戻すためには在韓米軍を撤収せよ”
満州がやって来る(歌, "만주가 찾아오네")
偽の世論、偽の民主主義、偽の平和
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません