ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年06月21日 05:55
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
こん睡状態で帰国
米国で膺懲求める声高まる

 米国人大学生、オットー・ワームビアさんがこん睡状態で北韓から解放され、家族の元へ返された13日、米国務省のレックス・ティラーソン長官は、事実関係のみの短い声明を発しただけだった。
ワームビアさんは昨年1月、旅行先の平壌のホテルで、金正恩が写ったポスターを盗んだ容疑をかけられ、同3月に労働教化刑15年を宣告された。医師団によると、脳の大半は壊死していたが、北が主張するボツリヌス菌への感染は確認されなかった。ただ、骨折などの外傷もなかったという。ワームビアさんは19日に死亡した。
米国内では、北韓への旅行が危険であり、外貨獲得源になることから、政府が北韓への旅行を禁じるべきとの声が上がっている。ティラーソン長官は、渡航禁止を検討中だと述べた。
ワシントン・ポストは14日の社説で「必ず罰を与えなければならない」と主張。今回の解放に向けた交渉過程について多くを語らなかったティラーソン長官は、北韓当局に拘束されている米国人3人についても、継続して解放を求めていく方針だ。

2017-06-21 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません