ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年06月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北の外貨獲得手段 多岐に
中国から東南アジアに拠点シフト

 北韓の外貨獲得源として第一に名が挙がるのが中国だが、近年はアフリカや東南アジアの国々も注目されている。北韓はアフリカで軍隊指導やモニュメント制作、東南アジアでは労働者派遣や飲食店経営などを行っている。

 世界貿易機関(WTO)などのまとめによると、北韓の貿易高は昨年、約60億ドルとなった。その9割超にあたる55億ドルが、中国との取引で生まれたものだった。 北韓の外貨獲得源は、貿易だけではない。麻薬や武器取引、偽造紙幣、サイバー犯罪など、統計に残らない外貨獲得手段もある。外国への労働者派遣もその一つだ。
ロシアでの林業労働をはじめ、中東での建設労働など、北韓は”人材派遣業”で年間数億ドルの利益を上げているといわれる。近年は専門知識を活用した外貨稼ぎも盛んで、アフリカでの軍隊指導やモニュメント制作が盛んだ。
こうした動きを受け、韓国の朴槿惠前大統領は昨年5月、エチオピア、ウガンダ、ケニアを訪問。北韓との関係見直しを迫った。その結果、ウガンダのムセベニ大統領は、即座に北韓との軍事協力の断絶に言及した。ボツワナは2014年に北韓と国交を断絶し、ナミビアは昨年、北韓の鉱物関連会社の創業を止めた。
今年に入ってからは、セネガルが北韓の労働者に対するビザ発給を停止していると伝えられた。セネガルには、北韓の万寿台創作社に所属する作家の手による巨大なモニュメント「アフリカン・ルネッサンス」がある。ボイス・オブ・アメリカによると、2010年の独立50周年を記念したこの巨大像制作で、北韓は2700万ドルを受け取ったという。
ただ、一部の国の対北対応だけで、アフリカ諸国が北韓との関係を断絶しようとしていると判断するのは早計だ。国連は制裁の履行状況を各国に提出するよう求めているが、アフリカ54カ国のうち、報告書を出したのは11カ国にすぎない。
近年注目されているのは、東南アジアでの経済活動だ。金正男暗殺事件の際に取り上げられたように、北韓は東南アジア諸国で、労働者派遣や飲食店経営などを行っている。WTOによると、北韓との貿易高で、中国、インドに次ぐ3位がフィリピン(8700万ドル)、5位がタイ(5000万ドル)だという。
ここには当然、アンダーグラウンドの経済活動は含まれない。輸出入が禁止されている機械類の取引や、マネーロンダリングだ。北韓は近年、国際金融網の制裁から逃れるため、それまで拠点としていた中国から、徐々に東南アジアに拠点をシフトしているという。
トランプ大統領は4月末、フィリピン、シンガポール、タイの首脳と相次いで電話会談を行った。5月にはASEAN外相と米国務長官の会合がワシントンで開かれた。
最初の会談相手となったドゥテルテ大統領のフィリピンは、ASEANの中では2国しかない北韓大使館のない国でありながら、東南アジアの拠点とされている。北韓の地下経済活動の一つに麻薬の密売がある。麻薬犯罪撲滅を掲げるドゥテルテ大統領はどう対応するのか、東南アジアにおける対北包囲網の強化は、始まったばかりだ。

2017-06-07 4面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
金大中大統領の米国内裏金 韓米当局「...
ブログ記事
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません