ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年05月19日 18:39
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ICBM開発 最終段階 大気圏再突入に成功
グアムを射程内

 北韓は14日、北西部の亀城から、「ムスダン」の改良型とみられる弾道ミサイル「火星12号」1発を発射した。北韓の発表によると、高度は2111.5キロに達した。移動式発射台からの発射、固体燃料の開発と、ミサイル技術を向上させてきた北韓は、課題の一つだった大気圏再突入に成功したことになる。軌道を変えればグアムを射程に捉えることも明らかになった。米本土を狙えるミサイル完成は間近だといえる。

北韓が公開した発射の様子
 北韓がミサイル発射実験を行ったのは、北京で習近平国家主席肝いりの「一帯一路サミット」が開かれる数時間前の早朝だった。この時期の発射に、各国のメディアは「習主席の顔に泥を塗った」などと報じた。
裏を返せば北韓は、中国の顔色をうかがうよりも、ミサイル開発を最大限の速度で進める姿勢を示したと言っていい。経済制裁に効果はないと強調する意図もあっただろう。在中北韓大使は、ミサイル発射を、従来の平和目的の衛星発射などと偽ることなく、「ICBM」と明言した。また「米国とその追従勢力の威嚇と恫喝に対処する正当な活動だ」とも強弁した。
朝鮮中央通信によると、ミサイルは高角度で発射され、高度2111・5キロに達した。ICBMを発射するには、大気圏再突入と再突入の際の制御技術が必要になるが、韓国国防部の報道官は15日、「(再突入技術が適用された)可能性は低いとみている」と述べた。ただ、実際にミサイルは大気圏に再突入しており、目的の海域に着弾した。
今回のミサイルは、通常の角度で発射されれば、最大で5000キロ飛行することが可能といわれる。北韓から、米軍基地のあるグアムを射程に捉える距離だ。今回は1段ロケットだったが、多段化できれば飛距離は飛躍的に増す。複数の専門家は、北韓が米国本土に到達するICBMを開発するまで3年以内とみている。
トランプ大統領は今のところコメントを発していないが、ホワイトハウスのスパイサー報道官は、「全ての関係国、特に中国とロシアには、制裁の履行でできる全てをしてほしい」と求めた。
中国外務省は14日、国連安保理決議違反だと批判したが、「緊張をエスカレートさせてはならない」と冷静さも求めた。ロシアのプーチン大統領も15日、北韓の核保有に反対の立場を示す一方、米国には北に対して「威嚇をやめよ」と述べた。国連安保理は、各国に対し、安保理の制裁決議履行を求めた。

2017-05-18 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません