ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-04-22 08:40:21
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年03月29日 14:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北韓をテロ支援国再指定へ
米国、上下両院で発議

 米上院のテッド・クルーズ上院議員が21日、北韓をテロ支援国に指定するための法案を発議した。米下院では1月に同様の法案が提出されている。上下両院で発議されたことで、米政府の判断は早まるとみられる。
北韓が米国政府からテロ支援国家に指定されたのは1988年。大韓航空機爆破事件がきっかけだった。その後、核開発を放棄するとうたった6カ国協議の合意を受け、2008年に解除されていた。しかし、その後も北韓が核開発を継続し、米国を脅かす言動をとっていることから、再指定の動きは過去にもあった。
08年以降の再指定に向けた試みは実を結んでいない。しかし上院で発議された法案は、金正男暗殺をテロ行為の一つとして明示している。韓国とマレーシア当局者の見解を紹介し、北韓の秘密警察と外務省が、金正恩の異母兄・金正男を、猛毒の神経剤VXを使って毒殺したと強調した。VXは、国連の化学兵器禁止条約で使用が禁止されている。
クルーズ議員は、北韓が昨年だけで核実験を2回行い、20発以上の弾道ミサイルを発射した点を指摘。マレーシアでのテロもあったことから、再指定の可能性は高まっている。
法案はティラーソン国務長官に対し、再指定するかどうかの判断を、議会での通過から90日以内に両院の外交委員会に報告するよう求めている。

2017-03-29 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
【投稿】 「慰安婦問題」と今後の韓日...
<朴前大統領逮捕>自由民主体制の危機 
韓米演習に合わせて挑発
国民主導のセヌリ党が発足 
「検察の反乱」はどこまでか
ブログ記事
中共「習近平の社会帝国主義」妄言を糾弾する
北を主敵と言わない文在寅
大統領は最高司令官、敵が恐れる候補を選ぼう!
南在俊の従北左派との戦争宣言
南在俊、“思想犯が収監された刑務所を攻撃した者が補償を受けたかを究明する”
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません