ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年03月08日 10:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 在日韓国人にとっては、少し心がざわつくニュースである。大阪府内にあった国有地が、学校法人「森友学園」に売却されていたという▼都有地を貸し出してもらい、韓国学校を建設する計画が、昨年あえなく頓挫したばかりである。国有地と都有地、売却と貸与という差はあるものの、森友学園が破格の安さで「お上の土地」を手に入れたのは確かだ▼さらに韓国人の気持ちを穏やかざるものにしているのが、森友学園の教育方針だ。学園が運営する幼稚園では保護者向けの配布資料に「邪な考えをもった(名前は日本人なのですが)在日韓国人である・支那人であるそれらを先導する人、それに金魚のフンのようについてくる人は(中略)近づけぬことです」などと書かれていたという▼国有地の問題とは別に、同幼稚園の異様な実態も明らかになっている。運動会の選手宣誓。「日本がほかの国々に負けぬよう、尖閣列島、竹島、北方領土を守り、日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史教科書でウソを教えないよう」と、園児は大人たちに求めた▼学校法人が教育方針を定めるうえで、思想・信条は排除できまい。特定政党の思想に寄ることもあるだろう。ただ、分別のつかない子どもに、宣誓という形で言わせるやり方はいかがなものか▼理事長には土地取得の経緯説明と、教育方法の見直しを求めたい。特に後者をそのままにしておくと「日本を悪者として扱っている」どこかの独裁政権を崇拝する学校と、同じになってしまいますよ。

2017-03-08 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません