ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年03月01日 14:38
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
暗殺で北の外交関係揺らぐ
中国、北から石炭輸入を停止

 マレーシアでの金正男暗殺を受け、北韓の外交関係が揺らいでいる。今まで後ろ盾になってきた中国商務省は2月18日、翌19日から今年いっぱい、北韓からの石炭輸入を停止すると発表した。北韓からの石炭輸入制限などを定めた国連安保理制裁を履行することなどが趣旨だという。
しかしこれは、金正男を保護下に置いてきた中国による実質的な対北制裁だ。これまでも同様の禁輸報道はあったが、今回は北韓の反応が違う。
朝鮮中央通信は中国の石炭輸入停止措置に対して、「米国のリズムに合わせて踊っている」と批判。「ある隣国」と中国を名指しすることこそ避けたが、「非人道的な措置」だと指摘した。
一方で中国は、米国に対して「中国軍隊は(韓半島の)安保環境の要求によって、必要なすべての処置を取る」と述べている。米国に圧力をかける意図なのか、中国の王毅外相は米朝に核問題の早期解決も求めている。米朝が問題に対処しなければ、有事に中国軍が介入する可能性があると示唆したのだ。
東南アジアにおける北韓の一大活動拠点となっているマレーシア。事件現場となった同国は、北韓大使館職員の国外退去や、断交も視野に入れているという。

2017-03-01 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
‘朴正煕生誕100年’に残したい話
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません