ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-22 08:15:32
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年02月22日 21:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正恩の不安の反証
金正男暗殺 北韓男性1人逮捕

ほかの実行犯は平壌に帰還か

マレーシア警察が公表した(左から)リ・ジョンチョル、リ・ジウ、リ・ジェナム、リ・ジヒョンの写真(写真=連合ニュース)
金正日の長男で、金正恩の異母兄にあたる金正男が13日、マレーシアの首都クアラルンプールの空港で暗殺された。マレーシア当局は実行犯の女性2人と、北韓の旅券を持つリ・ジョンチョルを逮捕した。一味として男性4人の名前と写真を公表し手配したが、4人はすでに出国し、平壌へ帰還したという情報も流れている。マレーシア当局は、ほかにも別の北韓男性3人の行方を追っているという。
駐マレーシア北韓大使の反応やマレーシアに出稼ぎで滞在していた北韓労働者などが事件に連累している点から見て、そして、マレーシアから4人が緊急脱出したことなどから、この暗殺は金正恩の指令による犯行と見るしかない。
金氏王朝の歴史は、首領の唯一指導体系を確立するための血の粛清史だ。ところが、金氏王朝の粛清史の中でも、首領の地位を脅かしたため処刑されるのはまれなことだ。
粛清・処刑されるほとんどは忠誠心が疑われたケースだ。2013年12月に処刑された張成澤は、その最たる例だ。自らの地位を脅かされかねないと首領に見做され、残忍な方法で処刑された。
北韓はこれまで、脱北者の追跡・検挙などのため中国国内では中国当局の協力や黙認の下、誘拐・拉致・暗殺などを恣行してきた。だが、中国の外にまで刺客を送るのは、ちょうど20年前、韓国内で殺された李韓永(金正男の従兄弟)の事件が有名だ。
核ミサイル開発や人権犯罪のため国連から断罪の対象となった金正恩が、異母兄を外国で暗殺するのは大きな負担であるのに、それでも実行したのは権力基盤に対して不安を感じている反証といえる。
いずれにせよ、金正男暗殺は間もなく北韓中に知れ渡るようになる。金正恩としては最も隠したい金氏王朝の恥部を人民にさらけ出すことになり、権力基盤を一気に不安にさせる材料になりそうだ。今回の暗殺は、国際社会における金正恩の暴悪さを決定的なものにし、対北宥和策を主張する文在寅氏など韓国の左翼勢力にも打撃になる。

2017-02-22 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません