ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年10月19日 21:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 外国との交流が盛んになるにつれて「民間外交」という言葉がより身近になった。外国人と接する機会が増えたので、今や多くの人が当事者としての経験を持っていることだろう▼そういえば最近こんなこともあった。大阪のある寿司店で、職人が外国人客に大量のわさび入りの寿司を提供していたという。客に聞くこともなく嫌がらせのような量のわさびを入れたのだとか。日本人や寿司職人の評価を貶めたかったのだろうか▼個人の行動が、その個人が属する集団のイメージを作ってしまうことはよくある。ステレオタイプで物事を見てはいけないのだが、県民性、国民性があるのもまた事実だ▼その国は「微笑みの国」と呼ばれる。実際に現地を見た人の話でも確かにそうらしい。その国民から笑顔が消えた。国王の崩御によって▼プミポン国王は、公の場で笑顔を見せることのなかった人と聞く。若くして国王の座につき、混乱期を卓越した指導力で乗り越えた。国民が笑顔でいられるのも、笑わぬ国王が心を砕いていたおかげだったのだろう▼タイ国民の悲嘆ぶりをみれば、どれだけ敬愛されていたかがうかがえる。現地視察などで国民と交わり、内戦の調停ではカリスマ性も発揮した。紙幣のほか、街中にある銅像も国王がモチーフだ▼たとえ話にするのもはばかられるが、どこぞの「最高指導者」とは正反対ではないか。一人の指導者の振る舞いが、国民全体の幸せや対外的なイメージを左右することなど、お構いなしらしい。

2016-10-19 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません