ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年07月27日 21:55
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「北の望むとおりになる」
朴大統領 THAADの政争利用に釘

 朴槿惠大統領が、慶北・星州への配置が決まった「高高度ミサイル防衛(THAAD)システム」の問題を、これ以上政争の種にしてはならないとの立場を明らかにした。朴大統領は21日、大統領府で開かれた国家安全保障会議(NSC)で「(THAAD配置問題が)政争化され、これを再検討しようというところまでいってはいけない」とし、「国家と国民の生命を守るための選択をめぐって我々が分裂し、そこに社会の混乱が加われば、北韓の望むとおりになるだろう」と憂慮した。
朴大統領は反対論者に向け、北韓のミサイル攻撃から国民を守る方法があれば提示してくれとの言葉も付け加えた。続いて大統領は、「私も無数の非難と抵抗を受けているが、今このような状況では、大統領が揺らげば国が不安になる」との考えを示した。死ぬ時まで非難を恐れず、苦難を友と思って堂々と信念を貫きたいという意思表明もあった。
大統領の一連の発言は、安全保障のための確固たる意志を明らかにした発言と評価されている。しかし、野党をはじめとする反対陣営に、納得する兆しは見えない。THAAD配置によって中国との関係が悪化するというのが主な反対理由だ。また、韓半島の危機状況をあおったといった批判も寄せられている。こうした批判とセットになっているのが北韓との対話局面に転じるきっかけにしようという論調だ。
THAAD配置は、北韓の軍事的脅威から韓国の国家防衛のための一手段としての措置であり、米国との同盟を強化する現実的な手段だ。大統領の21日の発言は、この延長線上にあり、反対には屈しないという意志の表れといえる。
国益のための選択において、世論は優先順位にはならない。それでも「世論」を反対理由とする雰囲気は依然として強い。
(ソウル=李民晧)

2016-07-27 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
在日民団50年ぶりの紛糾 
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
民団大阪も一騎打ち
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません