ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年07月13日 17:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北の石炭、中国サイトで販売
抜け道通って…

国連安保理の制裁で原則として輸出が禁じられた北韓の石炭が、中国のインターネットサイトで販売されているという。米政府系ラジオ「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)が伝えた。一方で石炭の輸出は減っているとの報道もある。消息筋は制裁案の抜け穴を指摘する。
VOAによると、北韓の石炭が売られているのは、中国最大のネットショッピングサイト「アリババ」だ。売り主は3、4社あり、そのすべてが中国企業となっている。最も多くの商品を売っているのは、中朝貿易の拠点になっている丹東にある会社で、北韓産の無煙炭や豆粒炭、黒鉛を販売しているという。
無煙炭は1トンあたりで取引されており、価格は220ドル(1日の時点)。北韓産の石炭は、2015年の時点で前年・前々年から大きく値を下げていたが、この価格は値下がり前の水準だ。それでも世界の平均から見ると、半額から3分の1程度と安価だ。
国連安保理によって禁輸品目になっているはずの北韓の石炭がなぜ堂々と売られているのか。韓国の消息筋によると、安保理制裁が輸出の例外条件として定めた「人道目的」であることを装ったいる可能性があるという。
韓国当局によると、制裁後の北韓の対中石炭輸出は、前年比で4割減っている。東京新聞によると、北韓の電力事情は改善しており、その背景には中国向けの石炭を自国の火力発電に回しているとの見方もある。制裁には一定の効果がありつつ、完全に道は断たれていないようだ。

2016-07-13 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
在日民団50年ぶりの紛糾 
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
民団大阪も一騎打ち
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません