ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年07月06日 11:48
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 アメリカはワシントン州に、レーニア山という4000メートル峰がある。有名なコーヒー飲料のブランド名にもなっており、雪を冠した山のイメージでおなじみであろう▼明治期から昭和初期にかけて、レーニア山を望む港町タコマは日系移民の上陸地となった。誰がいつから呼び始めたか、レーニア山は「タコマ富士」と呼ばれるようになった。コーヒーのパッケージに描かれた山を思い浮かべればわかるが、タコマと本家の富士は決して似ているとはいえない山容である。であるがゆえに、移民たちの郷愁がうかがえよう▼「地域の名称+富士」というのは日本中にある。羊蹄山は蝦夷富士、磐梯山は会津富士、あの桜島でさえ筑紫富士という異名を持つ。いわゆる郷土富士である。富士山が信仰の対象となるにつれて各地に広まったといわれる▼その富士山が1日に山開きを迎えた。近年は外国人の登山者も増え、週末にもなると頂上付近で”渋滞”が発生するのが珍しくなくなった。今や市民権を得た「インバウンド」という言葉だが、富士山もアウトバウンドの時代からインバウンドの時代に移ったということだろうか▼今年から8月11日が「山の日」となり、祝日に加わる。山を楽しむのは結構だが、遭難者も増えていると聞く。安全には細心の注意を払って楽しんでもらいたい▼ところで、富士塚という築山が関東近県にいくつかある。富士山に登った気持ちで…というやつだ。体力に自信のない方、時間のない方にはこういう山の楽しみ方もある。

2016-07-06 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません