ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年06月08日 23:28
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中朝、対北共助か

 北韓と中国が対米共助を探って動いた。前外相の李洙〓・党政治局員が5月31日から6月2日まで中国を訪問した。李氏は労働党の代表団を率い、到着初日に中国共産党中央対外連絡部長の宋濤氏と、翌1日には習近平国家主席と会談した。
今年に入って北韓は、国際社会の制止を無視し核実験やミサイル開発を強行。北韓を擁護する立場だった中国も、一定の制裁を科していたといわれる。韓国の推計では、貿易額や貨物の往来は、前年の20~40%減となっている。
中国側は李氏を歓迎した。31日の中国外務省の会見では、「中朝は重要な隣国で、友好協力関係の発展を希望する」とのコメントが発せられた。1日の会談で、金正恩からの友好関係強化などのメッセージを伝えられた習主席は、「朝鮮との友好協力関係を高く重視している。朝鮮とともに努力し、両国関係を発展させていきたい」と答えたという。
李氏からは核開発と経済開発の「並進路線」維持の意向が伝えられたという。核放棄はしないという明確な意思表示だ。これに対し習氏は「対話によって地域の平和と安定を維持してほしい」と応じた。一部メディアは中国が自制を求めたと報じたが、これは中国側の常套句である。

2016-06-08 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません