ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年06月01日 10:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「不当な差別的言動はあってはならず、こうした事態をこのまま看過することは、国際社会において我が国の占める地位に照らしても、ふさわしいものではない」。5月24日に成立した、いわゆるヘイトスピーチ対策法案の前文の一部だ▼「国際社会における日本の占める地位」という言葉を聞いて、日本各地で行われていたヘイトスピーチを伴うデモが、同時期にぱたりと下火になったことを思い出す。確か当時は、東京五輪の開催が決まるかどうかという時期だった▼「ヘイトスピーチが野放しになっている国」と見られれば、招致活動への影響は免れまい。こうして、がなり声はコリアンタウンから遠ざかった。まるで申し合わせたかのように、一斉にデモがなくなったことへの不可解さは今も残る▼法案の不備を指摘する声は少なくない。例えば「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた…」とうたっていることだ。国内の被差別部落出身者やアイヌの人たちの一部にとっては、不十分なものだろう。罰則が定められていないことも、実効性に疑念を抱かせる▼今回の法案は、実質的に在日韓国・朝鮮人を念頭に置いた法といえる。法制定を求めたのも在日韓国人と、彼らの支援者だった。ややもするとヘイトスピーチをする側だけに目が向きがちになるが、彼らは日本人のごく一部にすぎない。差別に反対する人の方が多いことを忘れてはならない。憎悪表現が新たな憎悪を呼んでしまっては、今法案の価値も失われるというものだろう。

2016-06-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません