ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年05月25日 10:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 サディク・カーンとは、どこの市長か。5日に行われた選挙のニュースに接していなければ、インドかパキスタンのどこかと答えていただろう。事実、イスラム教徒として初のロンドン市長になったカーン氏は、パキスタン系だという▼ヨーロッパを代表する大都市でのムスリム市長誕生は、大きく注目された。英国の目と鼻の先、ドーバー海峡の対岸にあるフランスやベルギーで、ムスリムを名乗る犯人が大規模テロを起こしたばかりである▼もちろん、「ムスリム=テロリスト」という図式にはならないが、一時は中東からの難民受け入れに積極的だった欧州諸国が、一転して制限を設けているのは事実だ。狭い地域に異なるバックグラウンドを持った人々が混在するヨーロッパであっても、寛容さを示せる限度はあるということなのだろうか▼カーン氏と争ったザック・ゴールドスミス氏は、徹底的なネガティブキャンペーンを打った。しかし「カーン氏はイスラム教徒の過激派とつながっている」などと示唆する手法は、不興を買った。大西洋を挟んだ隣国の大統領候補のようであると▼移民2世のカーン氏は、低所得者や若者向けの政策を論じ、名家出身のゴールドスミス氏の挑発に乗ることはなかった。その結果が、カーン氏の大勝である▼「ロンドンは恐怖より希望を、分裂より結束を選んだ」。カーン氏は当選後の演説でこう訴えた。ことさらに恐怖をあおり、分裂を助長しかねない声が響く今の世に、カーン氏の言葉は一石を投じている。

2016-05-25 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません