ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年04月27日 10:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 偉大な科学者には、少なからず間の抜けたというか、破天荒なエピソードが伝わっている。「天は二物を与えなかったのか」と、小欄のような凡人は彼らを身近な存在であるかのように捉えて安心しようとするが、一つの分野に際立った才能を見せる者は、ほかの分野には無頓着になってしまうということなのだろう▼では、この3人も、自分の研究以外には無頓着なのだろうか。93年生理医学受賞者のリチャード・ロバーツ博士(英国)、04年経済学受賞者のフィン・キドランド博士(ノルウェー)、化学賞受賞者のアーロン・チカノーバー博士(イスラエル)である。かれらは29日に訪朝し、5月6日まで金日成総合大学などで講演などを行う。「橋―平和の文化に向けた対話」がテーマだという▼訪朝を企画した人物は、3人が政治的な発言をすることはないと述べた。プロパガンダに使われることへの憂慮をあらかじめ抑えたかったのだろうか。だが、著名な学者が訪朝すること自体が北の体制宣伝につながる▼韓国でただ一人のノーベル賞受賞者も、その辺りは無頓着だった。功を焦ったのかもしれない。彼は訪朝の成果として平和賞を受賞したが、その後も北に利用され、平和とは程遠い混乱を招くに至ってしまった▼どうせ行くなら、3人には思う存分、専門分野について語ってもらいたい。経世済民の何たるか、医学の心得、化学の発展がいかに人の生活を変えてきたか…。結果として北の批判に聞こえるかもしれない。だがそこは無頓着でいい。

2016-04-27 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません