ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年04月20日 02:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 まさに天災は忘れたころにやってくる。14日夜、最大震度7の揺れが、熊本県を中心に九州中部を襲った。東日本大震災から5年。次は首都直下か、南海トラフかなどといわれていたときに、大地震は九州で起きた▼亡くなった方のご冥福と負傷者の早期回復、そして倒壊した家屋やインフラの、一日も早い立て直しを願うばかりだ。そう思っていた矢先の16日未明、再び強い揺れが熊本を襲った。余震かと思いきや、こちらが本震だと気象庁は述べている▼最初の地震が起きたのが午後9時半ごろ。本震は夜中である。もし季節が少し早ければ、暖房器具からの出火もあっただろう。風が強ければ、小さな火が大火事を招いていたかもしれない▼条件が違っていれば、今以上の被害があったことは容易に想像できる。比較的大きな余震が今も続く。雨の季節も近づいている。災害に備えるには、想像力を働かせ、さまざまな想定を立てることも重要である▼これは想像というよりも、妄想や空想に近い。地震の直後「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というデマがまた流れた。もちろん、何者かが意図的に拡散させたものである▼今時、どれだけの人がこれを信じるだろうか。思慮の浅い差別主義者とレッテルを貼られるだけだと、なぜ想像できないのか▼想像力を働かせてほしい。虚報とわかっていつつ、こうした情報があれば、本来救助などにあたるべき人々の手が、調査に割かれかねないことを。差別的な考えを持つのは勝手だが、他人に迷惑だけはかけないでもらいたい。

2016-04-20 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません