ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年04月06日 09:55
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 3回目の在外選挙が終わった。2012年の総選挙と大統領選挙に続いての実施だ。投票箱には厳重な封印がなされ、韓国で13日の開票を待つ▼今回の選挙は、4年前の総選挙に比べて登録者数が多かった。以前登録をした人が再度登録せずともリストに載るようになったことや、インターネット登録が可能になったことが後押しした▼一方で「前回はお祭りのような雰囲気だったが、今回は違う」という言葉を、少なからぬ人たちから聞いた。2012年は、初めての投票という高揚感と慣れないことへの不安感が投票所に満ちていた▼投票結果は、東京の速報値を聞いただけではあるが、低調だったという。前回の総選挙では登録した人の半数以上が実際に投票したのに対し、今回は32・9%台前半だった▼課題も見えてきた。長い歴史を持つ在日韓国人は、どうしても代を重ねるごとに韓国語の識字率が落ちてくる。投票ブースには、政党名と記号(番号)が書いた紙が貼ってあるが、ハングル表記のものしかない。それが規則なのだが、不満の声もあった▼その中には、普段から韓国語の利用を呼び掛けている人がいたというから笑えない。「ハングルは世界一理解しやすい表音文字」ではなかったのか。新年度である。韓国語の勉強を始めるのにはちょうどいい▼小欄にも反省すべき点はある。投票が低調だった根底には、韓国政治への理解・関心不足がある。メディアとして、もう少し何かできなかったか。32・9%という数字が問いかけるものは重い。

2016-04-06 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません