ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年01月20日 12:50
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 突然「?」とだけ書かれた手紙が送られてきたらどう思うだろうか。フランスの作家、ヴィクトル・ユゴーがその送り主、との逸話がある。代表作「レ・ミゼラブル」の売れ行きを気にして、バカンス先から出版社に送ったものだと伝えられている▼手紙ではなく電報だったとの説もある。当時は高価だった電報をいかに少ない字数で送るか。悩んだ末の「?」だったとしたら、ひげを蓄えた渋い顔に手を当てたこの文豪のイメージも多少変わってこよう▼時はそれから150年以上たった現在、通信手段は多様化し、進化する。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はその最たるものだ。不特定多数、あるいは友人・知人に、瞬時に写真や情報を伝えられる▼それを読んだ人は、思い思いに感想を書き込む。より簡潔に、親指を立てた「いいね!」ボタンを押せば、同意を示すこともできる▼この「いいね!」で有名なフェイスブックは14日、日本語版に「いいね!」以外の表現を追加した。「超いいね!」、「すごいね」、「悲しいね」など5種類。人づきあいにおけるネット利用の重みが増した現代、「いいね!」を押すにも一呼吸置いてしまうという人は多かろう▼ユゴーの話に戻る。「?」と聞かれた出版社は「!」と返した。「ものすごい売れ行きです」という意味だ。紆余曲折を経て、亡命先で完成させた大作の反響を待つ文豪は、この粋な返事に何を思ったか。きっと今なら、このやりとりに「超いいね!」がたくさんつくだろう。

2016-01-20 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません