ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年12月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
収容所内の惨状を告発
「北の人権侵害問題啓発週間」前に

 10日から始まる「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」を前に、都内で脱北者を呼んで講演会が開かれた。北朝鮮難民救援基金や北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会が、「恐怖の地下房と収容所を語る」をテーマに主催した。
 第1部の講師は、韓国で「北韓政治犯収容所被害者家族会」の代表を務めている鄭光日氏。15号管理所(耀徳収容所)に収監された経験を持つ脱北者だ。
 鄭氏は身に覚えのないスパイ罪で3年間収監されたが、自白を強要される過程で行われた「鳩拷問」について詳しく語った。収監者を後ろ手にして手錠をかけ、地上60センチから1メートルのところに縛り付け、立つことも座ることも許されないまま数日間放置されるという。また、収監者に対する非人道的な扱いについても語った。
 第2部ではコラムニストの勝谷誠彦氏が質問者になり、インタビュー形式でトークが行われた。勝谷氏は「安倍首相は積極的平和外交を掲げているが、北の住民を解放することにも力を入れてほしい」などと発言した。6日には大阪でも同様の講演が開かれた。

2015-12-09 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
民団、「北送」は「帰国事業」か
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
金正恩 「南北軍事合意」の破棄を確認
在日民団の思考停止と無気力
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません