ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2015年12月02日 10:01
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大韓民国の建国史(13)
北韓に傀儡政権の樹立を強行したソ連の戦術

 北韓に共産政権樹立を推進してきたソ連にとって、信託統治は思うように進んでいなかった。ソ連軍司令部は、北の行政を担当する中央機構を創設するため1945年10月8日から10日まで平壌で「北朝鮮5道人民委員会代表大会」を招集、同28日には、北朝鮮5道行政局を設立した。また、10日から13日まで平壌で「朝鮮共産党西北5道責任者及び熱誠者大会」を開き、朝鮮共産党北朝鮮分局を作った。
 金日成は10月13日、「西欧の民主主義はすでに時代遅れになったため、朝鮮の実情に契合する新しい進歩的民主主義制度を立てねばならない」と演説した。金日成の進歩的民主主義とは「人民民主主義」、つまりプロレタリア独裁だった。北の共産主義者は当時、スターリンの全体主義的独裁体制こそ「進歩的民主主義」の極致だと賛美した。
 金日成が群衆の前に初めて姿を現したのは10月14日、平壌公設運動場で開かれた「金日成将軍歓迎平壌市民衆大会」だった。ソ連軍司令部はこの日から金日成を「民族の英雄」などと持ち上げる宣伝扇動に突入した。
 朝鮮共産党北朝鮮分局の設置は共産主義者らの間に深刻な論争を引き起こした。ソウルに朝鮮共産党中央委員会(党中央)があり、コミンテルン創設以来の「1国1党」原則に違反していたからだ。ソ連軍司令部はソウルの「党中央」を否定できなかったため、北朝鮮分局という便法を使った。ソウルの「党中央」に従属しない共産党を北に組織し、金日成に掌握させる意図があった。北のソビエト化を早く進めるためだった。
 ソ連軍総政治局長シュキンの1945年12月25日付報告書は、「9月21日付の最高司令部の訓令で触れた北朝鮮での民主政党・社会団体らの広範な陣営に基づくブルジョア民主改革があまりにも遅れている」、「ソ連の国家利益を保障する堅固な政治・経済的橋頭堡を立てよ」と指示している。
 この状況で米英中ソが共同で韓半島を統治すれば、ソ連の決定権は4分の1になる。米国が4カ国信託統治を主張したのも、ソ連に歯止めをかけるためだった。
 ソ連は信託統治期間を南韓の共産革命工作期間として利用できると判断し、信託統治に同意した。ソ連軍政は南韓の朝鮮共産党も管掌していたため、南韓の「左右合作」や南北協商などに深く介入できた。
 信託統治が提起される前は、すべての政治勢力が左右に明確に分かれてはいなかった。だが、信託統治問題の登場で、すべての政治勢力は左右に明確に分かれるようになった。
 右翼陣営は信託統治賛成の共産党を「外勢に依存する売国的傀儡集団」と規定し、朝鮮共産党は右翼を「民族感情を利用して親日前歴と反動的性格を隠蔽しようとする政商」と攻撃した。両者の妥協は不可能だった。
 李承晩は46年1月14日、「共産党はソ連を祖国としているのだから、お前らの祖国に行け」という要旨の声明を出した。共産党も「あなたは米国に金髪碧眼の美人が待っているから米国に行け」という声明を出し、ビラを撒いた。
 ソ連占領地では、信託統治反対が許されなかった。ソ連軍政は1946年1月5日、信託統治に反対した、北朝鮮5道行政局長で朝鮮民主党党首の曺晩植を軟禁し、右翼勢力の粛清に乗り出した。金日成は46年1月23日、公式の席上で曺晩植を反動と糾弾した。2月24日、崔庸健が北朝鮮民主党党首に任命された。     (続く)

2015-12-02 3面
 
大韓民国の建国史(12)
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません