ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年10月28日 08:18
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 外国の風習をカネに結び付けることにおいて、日本人はなかなかの商才を発揮する。例えばバレンタイン。もともとは聖人の記念日だったが、日本ではある菓子メーカーが「女性が意中の男性にチョコレートを渡す日」として定着させた。その後、普段お世話になっている男性への「義理チョコ」が生まれ、女性同士で渡す「友チョコ」も市民権を得た▼こちらは古代ケルト人の風習といわれる。悪霊を追い払い、収穫に感謝する祭り。ご存知「ハロウィン」だ▼日本では近年急に盛り上がりを見せるようになったこの西洋の奇祭は、経済効果ではすでにバレンタインをしのぐという。ちなみに経済効果1位はクリスマスで、ハロウィンとバレンタイン、ホワイトデーが束になってもかなわない▼韓国でも事情は同じだ。ハロウィンのイベントが各地で開かれる今週末、一部の繁華街は喧騒に包まれるだろう。韓国でもハロウィンは恒例行事になっている▼思い思いに仮装し、流血をイメージさせるメークを施した若者の集団は、彼らの親世代にとっては眉をひそめる存在かもしれない。親世代がその光景を見慣れていないからだけではない。パーティー参加者のマナーの悪さが目立つ格好になっているからだ▼韓国も日本も、パーティーの後には大量のごみが残される。それも路上に。アルコールの空き瓶も目立つ▼ご丁寧にも双方の写真を並べ、互いのマナーの悪さを比較しようという人もいる。どうせ競うなら、マナーのよさを競ってほしい。

2015-10-28 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません